世界遺産になった富士山のツアーについて

世界遺産になった富士山のツアーについて

富士山の登山のツアーで女性が特に気にしたいこと

紫外線が最も強くなる時期といいますと、8月の最も暑い時期と思うでしょう。日差しがギラギラ照りつけています。でも実際は8月は徐々に緩んでくる時期だそうです。最も強いのは4月から5月ぐらいの春になるそうです。気候もいい頃なので、半袖など来て、帽子などもかぶらないことがあるかもしれませんが、その頃に紫外線を大量に浴びてしまうことがあります。日差しの量とは関係なく紫外線は降り注ぎます。冬でも一定の対策が必要なぐらいです。

富士山の登山に関しては、ハードなものになります。男性のみが参加するとおもいきや、女性の参加者も多いとのことです。ツアーにおいても多く見られます。以前は中高年の女性が多く見られましたが、山ガールと呼ばれる若い女性の姿も多くなっています。おしゃれな登山ファッションに身を包んで、少し華やかになっているように思います。若い人の場合、かなり意識が高いようで、紫外線対策はバッチリ行っているようです。地上よりも厳しい環境になります。

紫外線に関しては、季節に加えて、標高や積雪が影響することがあります。夏山は雪は気にしなくてよいですが、3千メートルの標高になると、地上に比べるとかなり多くの紫外線を浴びることになります。曇っていたりすると帽子などを取ってしまいがちですが、しっかり対応するようにします。帽子において必需品はストラップです。無風のことはなく、時に突風が吹くほど風が強いところです。帽子が飛ばされないように、飛ばされても体から離れないようにします。